プラスチックの分類

プラスチック・リサイクルの3つの分類

プラスチックのリサイクルについて、大きく3種類に分類すると、マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクル、そしてもうひとつにはサーマルリサイクルと呼ばれるタイプがあります。

 

この中で、プラスチックの再生利用はマテリアルリサイクルで、リサイクルの手法としてはプラスチックの原料化、または製品化で、ヨーロッパではマテリアルリサイクルのことをメカニカル・リサイクル(Mechanical Recycle)いった言葉で表現されています。

 

プラスチックを化学的にリサイクルする手法のことをケミカルリサイクルと呼びます。ヨーロッパでは、ケミカルリサイクルのことをフィードストックリサイクル、そしてプラスチックのエネルギー回収について、サーマルリサイクルと呼び、ヨーロッパではエネルギーリカバリーといった呼び方をします。

 

つまり、プラスチック素材としてのリサイクルではなく、プラスチックをエネルギー源として再利用するといった形のリサイクルになります。エネルギーリカバリーという表現は、大変わかりやすく、エネルギーとしてリカバリーするために、プラスチック素材が必要であることは、意外にもまだ知っている人が少ないようです。実は3つのリサイクルの分類の中でも、今もっとも関心が高く寄せられてするのが、サーマルリサイクルです。

おすすめ

御堂筋線「江坂駅」で歯医者をお探しならやまぐち歯科がおすすめ。平日午前診療は14時までだからお昼休みの治療も可能です。
江坂の歯医者ならここ

 

関連記事

メニュー

その他

最新記事

ページの先頭へ

プラスチック リサイクルについて > メニュー > プラスチックの分類

プラスチック リサイクルについてについて

カテゴリ一覧

Copyright  プラスチック リサイクルについて  All Rights Reserved