プラスチックの有効活用

プラスチックを有効活用

プラスチック素材は、わたしたちの日常生活の中で、ごく身近なものですが、意外にもプラスチックを資源として考える人はまただまだ少なく、食材の中から出るプラスチックは、単なるごみとしか認識されていないようです。

 

しかしながら、近年は、少しずつではありますが、プラスチックの総排出量と有効利用量、プラスチックの有効利用率の関係をみると、総排出量に対して、有効利用量と有効利用率の割合が少しずつ上昇しています。

 

これらの関係について、プラスチック処理促進協会のデータを見ると、1990年は廃プラスチックの総排出量が557で同年のプラスチックの有効利用率は26%だったのに対して、2000年のデータを見ると廃プラスチック排出量が997、有効利用率は50%となっており、1990年と比較すると約2倍も増加しています。

 

さらに、2008年のデータを見ると、廃プラスチック排出量が998であるのに対して、有効利用率は76%に増加しています。

 

とくに、2000年以降より、プラスチックは大切な資源であり、これを有効活用しようとすことに関心が高まった結果、有効活用率が急速に伸びていることがわかります。

 

プラスチック資源は、どこにでもある資源ですが、どこにでもあるからこそ、意外にもその大切さに気づきにくく、今後はプラスチックのリサイクルについて、ますます高い関心が寄せられそうです。

PR:

宅配クリーニングの比較をしているのが、宅配クリニング比較.com。わかりにくいサービスをそれぞれ比較しランキング形式で紹介をしています。
宅配クリーニング比較.com

関連記事

メニュー

その他

最新記事

ページの先頭へ

プラスチック リサイクルについて > メニュー > プラスチックを有効に活用する

プラスチック リサイクルについてについて

カテゴリ一覧

Copyright  プラスチック リサイクルについて  All Rights Reserved