サーマルリサイクルについて

プラスチックのサーマルリサイクルについて

プラスチックのリサイクルの中でも、サーマルリサイクルは、マテリアルリサイクルやケミカルリサイクルとは別のリサイクルの手段となります。サーマルリサイクルは、プラスチックをエネルギー源として有効的に活用する方法であり、プラスチックを燃焼させることによって、エネルギーを回収させるという仕組みになっています。

 

では、サーマルリサイクルによって回収されたエネルギーは、どのように活用されているのでしょうか。温水装置や発電装置、冷房や暖房などのエネルギーとして利用されています。
とはいっても、まだまだ全国的にサーマルリサイクルが浸透しているとは言い切れず、サーマルリサイクルは発展途上の段階にあるのかもしれません。

 

もうひとつ気になるのは、サーマルリサイクルで、プラスチックを燃焼させるときに、ダイオキシンなどの有害物質が検出されるのではないかと懸念する声もあるかもしれませんね。これについては、ほぼ検出されていないので、とくに環境汚染などの心配はないとみて良いでしょう。
また、塩化水素やいおう酸化物などもほぼ検出されていません。

 

プラスチックをエネルギーとして有効活用することにより、地球温暖化防止にも役立つものと言えるでしょう。

Link

診察券や会員証にぴったりのプラスチックカードを作るなら創業30年の日本カード印刷へ。
ポイント情報や顧客情報などを登録できる磁気テープのオプションもあります。
http://www.japan-card.jp/card/material/pvc.html

 

「いつもより荷物が増えてトラックが見つからない」
こんな場合はおまかせください。物量に合わせた車輌でスピーディに配送します。
http://www.kyoritsu.info/service/carry/carry.html

関連記事

メニュー

その他

最新記事

ページの先頭へ

プラスチック リサイクルについて > メニュー > サーマルリサイクル

プラスチック リサイクルについてについて

カテゴリ一覧

Copyright  プラスチック リサイクルについて  All Rights Reserved