遺言

公正証書遺言と自筆証書遺言の違い

遺言書には3つの種類があるのですが、その中で、ポピュラーなのが、「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」の
2つです。

 

何が違うのかというと、自筆証書遺言というのは、自分で遺言書を作成したものです。
これは署名だけでなく、文面も全て自筆でなければなりません。

 

公正証書遺言というのは、遺言者が公証人に遺言の内容を口頭や筆談で示して、それを公証人が公正証書
とした遺言の事です。

 

自筆で書いた「自筆証書遺言」と何が違うのかというと、まず、遺言書のプロといえる公証人が
作成するので、間違いがありません。

 

それから、作られた遺言書の原本は、公証役場で保管されるので、誰かに見られたり、書き換えられたりと
いう心配がありません。

 

そして自筆証書遺言の場合、家庭裁判所で「検認」という手続きが必要になるのですが、公正証書遺言の場合は、検認の手続きが不要となるので、1つ、手間が省けます。

 

自筆証書遺言の場合、費用がかかるという事は、殆ど無いのですが、公正証書遺言の場合は、手数料が
かかります。手数料は遺言に記載された遺産の金額によって違うのですが、例えば、500万円までなら11,000円、1,000万円までなら17,000円です。

 

「家族や親族を疑う」というワケではないのですが、誰だって、もし、遺言書を見つけて、自分に不利な条件が
書かれていたら、書き換えたくなるのが、心情だと思います。

 

内容がどんなものであれ、そういう心情になるような遺言書の場合は、自分で作って、保管するよりかは、
公正証書遺言にした方が、得策といえるかもしれません。

おすすめ

お葬式には、いろいろな形があります。新潟で地域に根ざした冠婚葬祭業を行っている「VIPグループ」は、「家族葬を行いたい」「故人の人柄が伝わるお葬式にしたい」など、遺族の希望に、丁寧・親切に対応してくれます。
「VIPグループ」の詳細はこちら

関連記事

メニュー

その他

最新記事

ページの先頭へ

プラスチック リサイクルについてについて

カテゴリ一覧

Copyright  プラスチック リサイクルについて  All Rights Reserved