西表島でダイビングツアー!

西表ダイビングツアー

11月も残すところあと数日!ついに今週末から12月に入りますね。
気温もぐっと下がり、ついに今年も冬が来たな〜と感じるこの頃ですが、
沖縄ではどうなのでしょうか。

 

冬にダイビングは出来るのでしょうか。
今回は西表島の冬のダイビングにスポットをあててみることにします。

 

 

西表ダイビング

 

西表島も秋・冬になってきますと、やはり気温も水温も下がり始めるようです。
気温は日によってまちまちですが、水温は平均23℃ほどあるみたいで20℃を
下回ることはめったに無いようですね。

 

厚めのウェットスーツやドライスーツ、またはフードベストなど着衣で
調整すれば、ダイビングもより快適になりますよ。

 

ですがっ!!ダイビング後は肌寒く感じることもありますので、ボートコートなど上に
羽織るものを準備していた方がよさそうです。

 

 

さて、それでは冬の西表島はどんなダイビングが出来るのかということですが、
これから風向きも北風が吹くことが多いので、ダイビングのポイントは地形などの
ポイントが多い島の西側や南側がメインになるみたいです。

 

冬は水温が下がる為、プラクトンも減るので透明度が高くなります。

 

これからの時期は地形との相性が抜群です。

 

また水中生物はハナダイやハゼ・ウミウシなどが見どころのようなのでカメラ派には
嬉しいですよね。これからの時期は少人数で潜れますので、じっくり写真を
撮りましょう。

 

 

ダイビングツアー

 

また海況が良ければ西表周辺のドリフトポイントへ行くこともあるみたいです。
こちらのポイントでは大物遭遇率もアップしますので、ダイナミックな
ダイビングも十分に楽しめますよ。

 

 

何にせよ、西表島のダイビングは季節に関係なく楽しめるみたいです。

 

冬には冬の良さがあるということですね。

関連記事

メニュー

その他

最新記事

ページの先頭へ

プラスチック リサイクルについて > その他 > 西表ダイビングツアー

プラスチック リサイクルについてについて

カテゴリ一覧

Copyright  プラスチック リサイクルについて  All Rights Reserved