久米島でダイビングをしよう!

久米島でのダイビングスポットの紹介

久米島は、那覇から南西に約90kmの東シナ海にあり、
周囲が約48kmと沖縄本島周辺の離島の中では、1番大きな島です。

 

石垣島

 

沖縄での戦争による戦禍を逃れた為に、豊かな自然や史跡が多く残されています。

 

観光だけでなく、数々の美しいダイビングポイントも点在しているので、
マリンスポーツが盛んな島として人気があります。

 

ここは、初級者から上級者まで、幅広く楽しめるダイビングスポットが数多くあります。

 

基本的には、ボートエントリーですが、ダイビングポイントが島の周辺に点在しているので、
ポイントまではボートで約15〜20分と近い場所にあり、1ダイブごとに島に戻って休憩が出来ます。

 

船に弱い方でも、安心してダイビングを楽しめるところもこの島の魅力の1つです。

 

 

ウミガメ

 

ダイビングポイントは、島の周囲に点在していますが、
特に「はての浜」の周辺は、ポイントが集中しています。

 

はての浜を境にして、南北で海の中の様子も異なっていて、
南は、比較的浅瀬でサンゴ礁が美しく穏やかで癒されるポイント、
北は、ドロップオフや激しい起伏の地形が続いていて、
ダイナミックで迫力があるポイントが多いことも特徴として挙げられます。

 

島の南側のダイビングスポットを代表する「トンバラ」は、
潮流の影響を受けて、回遊魚の遭遇率も高く、久米島のダイビングポイントでも
1、2位を争う人気のポイントとなっています。

 

北側を代表する「ミーフガー」「イマズニ」は、砂地やサンゴ礁のお花畑、
ダイナミックなドロップオフなどバラエティ豊富な場所です。

 

 

久米島海域のサンゴ礁は、熱帯魚等が住んでいる美しい世界です。

 

サンゴは、260種を超え、2,000種にも及ぶ海の生き物たちが生息しています。

 

これらのサンゴが作り出すものは、スケールの大きさと種類の多さで
世界的にも注目されているそうです。

 

そんな海の世界は、何度潜っても、潜る度に新たな発見があるので、
何度も訪れるリピーターが多いことで知られています。

 

 

久米島は、1年を通してダイビングを楽しめるスポットです。

 

春でも海水温は23〜24℃ほどあるので温かく、
この時期ならではのコブシメの産卵が各所で観察出来ます。

 

初夏から梅雨明けの頃になると、気温・水温共に上昇してくるので、
海の中は様々な種類の魚が現れ始め、とても賑やかになります。

 

水温は27〜30℃で、回遊魚が活発に姿を見せるようになり、ギンガメアジの大群、
イソマグロなどに遭遇する機会も多くなります。

 

大物は、秋まで楽しむことができ、

 

「トンバラ」では、ジンベイサメが目撃されたこともありますよ!

 

透明度もどんどん上がってくるので、ダイナミックな地形も楽しむことが出来ます。

 

11月に入ると、水温は20℃〜21℃に下がりますが、マンタ、ハンマーヘッド、
ザトウクジラといった大物が久米島の近くのポイントに現れ始めます。

 

ザトウクジラは、水中で一般のファンダイバーが一緒に泳げる機会が少ないので、
一緒に泳げる貴重な場所となっています。

 

また、マクロ好きには種類、個体数共に増えてくるウミウシ探しが人気です。

 

季節によって潜れるポイント、見られる生物が変わってくるので、
事前の情報収集をしっかり行ってから、訪れるとより楽しめると思いますよ!

関連記事

メニュー

その他

最新記事

ページの先頭へ

プラスチック リサイクルについてについて

カテゴリ一覧

Copyright  プラスチック リサイクルについて  All Rights Reserved